長期投資のメリット

長期投資の期間てどれくらい?

投資には様々な手法がありますが、短期取引や中期取引、長期取引等があり、ネット証券で一般の方が誰でもいつでも取引出来るようになったおかげで、当日中に決済するデイトレードのような短期取引が増えましたが、長期取引は株式投資で大きな利益を稼ぐ事が出来る可能性が高い手法であり、世界の大投資家も長期投資で利益を積み重ねている例が多いです。

この長期取引はどのくらいの期間を指すかというと5年以上を指しており、一般的な目安としては短期取引は当日決済から数週間程度、中期取引は1カ月から2年以内というような区分けがあり、あくまで参考としてですが区分される事になります。

どのような手法が得意なのかは人によって違いますし、長期投資のメリットとしては短期間で起こる株価の上下を気にしない事が挙がり、日々のニュースや値動きでは翻弄される事もなく、売買の手数料があまりかからないですし、リスクは短期取引よりも小さくなる傾向にあります。

デメリットとしては長期間資金を凍結してしまう事になり、投資先を間違えてしまうと長期間かけて下落してしまい損失を抱える事にもなりますから注意が必要です。

ゆっくりと運用したい方には向いていまうし、余ったお金を配当金や優待制度目的で保有し続けるという方も多く、日々の株価変動の利ザヤを気にせずに長期保有で恩恵を得る手法です。

もちろんリスク管理は必要ですし、日々の値動きを気にしないといっても株価等の確認を行う必要があり、実際に取引を行っていると銘柄によって短期、中期、長期等を組み合わせながら行うという例が多く、長期投資の相性が良くて得意と言っても、必ずしも長期投資だけを行うというわけでも無いです。

<解約をお考えの方はこちらを参考に>
投資信託 解約
<低位株について詳細はこちら>
低位株